fukidashi_date calendar_31 close_circle arrow_bottom list map calendar check detail fukidashi_gps gps search shop close triangle new share mail coupon_l coupon book cat_face dog_face flag pagination_first pagination_last pagination_next pagination_prev pen cat dog fb_circle fb LINE tw_circle tw arrow_top link_right

クラブアイペット

ペットとのライフスタイルやお得な
クーポン情報をお届けするWEBマガジン

子犬のうちに社会に慣らしておくことができるかどうか。
それによってその子の生活が大きく変わります。
子犬のうちにトレーニングができないと、他の犬が苦手になったり、飼い主さん以外の人間を怖がるようになってしまいます。
社会性を身につけるトレーニングというのは、人間社会できちんと生活するために必要なのです。

“社会化”ってなに?

社会化とは、犬が人間社会のあらゆるものに対して柔軟かつ適切に対応する力を身につけることをいいます。

生後3週齢~12週齢を社会化期といい、子犬はこの時期に、周囲の人や他の動物との触れ合い・人間社会での経験を通じて、生涯にわたる社会性と適応力を身に付けます。

社会化期を過ぎると社会化ができなくなる訳ではありませんが、警戒心や自我が強くなってくるため、初めて触れる物に対して慣れにくくなってしまいます。そのため、社会化期において色々なことを犬に経験させることがとても重要なのです。

具体的に何をすれば良いの?

① 他の犬に慣れさせる
② 人に慣れさせる
③ 環境に慣れさせる

色々なものを見せたり聞かせたり、匂いを嗅がせたり触らせたりしてみましょう。
親元を離れ、室内飼育を始めると他の犬と接触する機会は極端に減ってしまいます。
子犬は社会化期に他の犬と会うことで、挨拶の仕方など犬同士のコミュニケーション方法を学びます。

また、ワクチンが終わって、お散歩やおでかけができるようになると、覚えることがたくさん出てきます。
お散歩やお留守番のトレーニングなど、人間社会にうまくなじめるように、多くのことを学習しなければなりません。

トレーニングに関して、無理をする必要はありませんが、一番大事なのは、積極的に他の犬と会わせる機会を作ってあげることです。
家でトレーニングが難しい場合は、動物病院やしつけ教室で開催しているパピーパーティーに参加するのもオススメです。

アイペット×プレイボゥ (犬の保育園・ペットホテル・犬のしつけ)

【アイペット加入者特典付き】参加無料のトレーニング教室開催

プレイボゥは、犬の保育園の店舗とドッグトレーナー養成スクールの運営をしています。
犬の保育園は2014年に開業10周年を迎え、ご利用いただいたワンちゃんはなんと2000頭以上!
犬も人も楽しく行うモチベーショントレーニングを飼い主様に伝え、愛犬との絆作りをサポートしています。

さらにドッグトレーナー養成スクールの卒業生が日本全国に犬の保育園を60店舗以上開業しています。






愛犬との毎日をもっと楽しく、もっとハッピーにするために、今が本当に大事な時期ですよ!
是非お気軽に参加してみてくださいネ★
ページの先頭へ戻る