うちの子と旅に出よう!

Part1 JALで行く!ペットと空のたびのソノサキ密着取材♪~国内線編~

大事な家族と遠出の旅行は、飼い主さんの夢でもありますよね。

JALではわんちゃんだけでなく、猫ちゃんや小動物も飛行機に乗れること、ご存知ですか?
「一緒に旅行へ行きたいけど、ペットにとって飛行機は大丈夫なの?」
と不安に思う飼い主さんのため、獣医師目線でペットの飛行機旅行を徹底レポート♪

せっかくの旅行をペットと楽しんでもらうために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • Part2 搭乗編
  • Part3 お迎え編
事前準備 飛行機でペットとの旅行が決まったら!

ペットとの旅行は、車や電車でも100%安全とは言い切れません。安全に旅行するためには、事前の準備が大切です!飛行機でペットと旅行をする場合、一緒に座席に乗って搭乗する事はできません。搭乗中はペットの側に居られないので、飛行中安全に過ごせるための準備をしておく必要があります。

搭乗前に下記に気をつけましょう!
● クレート内でケガをしないよう、爪きりを済ませておく
● 搭乗手続き前に排泄は済ませておく

少し長旅になる場合は、給水ボトルの持ち込みを考えておくと良いかもしれません。その際、給水ボトルが初めてだと、飲み方がわからなかったり鼻に水が入ったりすることがありますので、事前に慣れておくことをオススメします。
もちろん持病や治療中の病気がないことが望ましいですが、ある場合は事前にかかりつけの獣医さんへ相談するようにしましょう。また、健康状態が万全でない時の預け先を考えておくことも大事なポイントです。

飛行機には搭乗できる子とできない子がいますので、事前に航空会社へ確認しましょう!
JALではフレンチブルドッグ、ブルドッグは搭乗できません。また、短頭種と呼ばれる鼻(マズル)の短い子達はリスクがありますので、注意してくださいね。

獣医師 長尾さん
STEP1 搭乗手続き

ペットの搭乗には専用クレートが必要になります。空港カウンターで無料レンタルも可能です。
※ 航空会社によって違う場合もあります。

【国内線ペットとおでかけサービスに関する注意事項】
https://www.jal.co.jp/dom/support/pet/

その他、以下が必要になります。
① ペットお預けに関する確認書
② 搭乗費用のお支払い
※ペット料金は区間によって異なります。

専用ゲージには給水ボトルがつけられます。夏場や長時間のフライトの場合は、備え付けてあげてもいいですね。
また、ペットは床下の貨物室に入りますが、客室同様に空調、与圧管理がされているので安心です。ご存知でしたか?しかし若干寒い場合もあるので、寒いのが苦手な子には洋服を着せる、タオルを1枚入れるなどの工夫をしておくと更に安心です。

ペットにとって適切なクレートを選びましょう。
JALではクレートの貸し出しも行っております。
S~XLまで4種類のサイズがあります。※げっ歯類用もあります。

【大きさ選びのポイント】
適度に動ける(中でターンできるくらい)大きさが良いですよ!また、普段との違いを感じず、落ち着いて過ごしてもらうためにも、日頃からクレートトレーニングをして、慣らしたクレートをもっていくのもオススメです。

STEP2 搭乗準備

いよいよ搭乗!ですが、その前にさらに準備が必要です。JALでは、大事な家族を安全に目的地へ運ぶため、ペットが外に出られないよう網目の荒いネットでグルグル巻きにして、安全管理を徹底しています。なんと2重にネットがかけられます!最後は、結び目が外れないように金具で固定するという徹底っぷりです。

こんなにぐるぐる巻きで大丈夫?と思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。実際に見てみると、目が粗いネットなので、本人は普通にクレートに入っているのと、そこまで変わらないかもしれませんね。

JALでは出発30分前までに、受付をお願いしています。健康管理のため、出発前まで空調環境が整った空港カウンターでお預かりしていますので、ご安心ください。
【飼い主さまへお願い】
万が一、お預かり中おしっこやうんちをゲージ内でしていた場合は、飼い主さんをお呼び出しすることがあります。アナウンスには是非耳をすませてくださいね。

飛行機でも移動できれば、距離を伸ばしてどこでも一緒におでかけできますね!次回「ソノサキ」レポートは、ペットが搭乗する飛行機の中に密着。乞うご期待!!

ペットとおでかけをする際は、周囲の状況をご確認いただき、
ケガや事故、脱走等がないよう飼い主さん自身でご注意ください。

  • Part2 搭乗編
  • Part3 お迎え編
トップに戻る